SOCIAL ACTION

NEWS LETTER

~something about producing countries~

皆さんが普段飲んでいるコーヒーはいったいどのような国から届いていのでしょうか。基本的にはコーヒーの生産地は赤道にほど近い国々ですが、大半が途上国です。そして、コーヒーが主要な輸出品目に挙がっている国も少なくありません。つまりは、我々の飲んでるコーヒーが直接関節問わず、生産国の経済に影響を及ぼすことを意味します。

一方で自国での生活や経済、社会的な課題などを解決しようと取組んでいる若い方々は、先進国同様にいます。

こうした生産国の状況を少しでも感じていただけるように、News Letterを順次発行します。

店舗ではフリーペーパーとして設置中です。

 vol.1 ETHIOPIA

 vol.2 HONDURAS

   vol.3 PERU

   vol.4 UGANDA

KIVA

~コーヒー豆の売上の一部で途上国の起業家向け融資~

弊店では、皆様の日々の消費行動が途上国の支援につながる仕組み作りを進めています。

コーヒー豆の売上の一部を、KIVAという米国のオンラインマイクロファイナンスサイトを活用し、途上国の起業家向けに融資を行っています。寄付ではなく、融資という形をとることによって、自助努力を促し、ビジネスとして成長していただきたいと考えています。

仕組みについてはこちら

⇒Blog 1 - マイクロファイナンスの活用 -

 Blog 2 事例1

  Blog 3 進捗報告

FORWARD COFFEE

~次の人への一杯~

*Forward Coffeeとは?

次のお客様へコーヒーを事前購入でプレゼント、というのが海外では一般的ですが、当店では集まった分をクリスマスや周年イベントなどで、皆様にご提供させていただきます。

~ Let’s think of the next persons ~

*英語ではpay it forwardという言葉があります。日本語で訳すとすれば、『恩送り』。皆さんが日々感じる感謝を次の人へ、そして少しずつその思いが広がり、小さな感謝が皆様に広がるように。

神戸という小さな経済圏ではありますが、適切な価格でそして分かち合うことのできる経済圏を創ることができればと思います。