Social Good through COFFEE #2 VaVa Specialty Coffee

June 22, 2017

"Every Coffee starts with one Bean
 Every Passion starts with one drip of Curiosity
 Every Story Starts with one Dream."
                ~Vava Angwenyi~
 
 
2009年、社会起業家Vava Angwenyiが立ち上げたVava Specialty Coffee(https://www.vavacoffeeinc.com/)、世界でも有数の高品質コーヒーの生産国であるケニアで今なお市場から取り残されている小規模農家とともに活動を進めています。
貧困や不安の中にみる生産者たちの笑顔、そして少しでも生活をよくしたいと考えてる生産者は多くいます。しかしながら、市場に取り残されてしまった人々の声はそう簡単には届きません。Vavaはそんな彼ら彼女らとともに、高品質なコーヒーを作りマーケットへの供給を進めています。
 
Vava Coffeeは、世界の人々に対して、コーヒー生産者の現状や課題の認識を促し、その為のコーヒーを取り巻く物語を伝えることにも力を入れています。
その一つに『#101DaysOfCoffee』(https://www.vavacoffeeinc.com/new-blog/2017/5/27/the-why)というキャンペーンがあり、文字通り101日間、毎日写真とメッセージをSNS上に投稿していました。
このキャンペーンでは、コーヒーの作物からカップまでの旅を表したり、ビジネスに関する話、コーヒーの生産・精製方法など、テーマは多岐にわたります。それだけ生産者と消費者との隔たりが大きく、共通認識を持っていただきたいという思いがあるのでしょう。少しでもその溝を埋め、より理解を持ったうえでコーヒーに接していただきたいと思っているようです。
 
ケニアでは小規模農家のコーヒーによる収入は、高品質なスペシャルティコーヒー市場価格の35%にも満たず、平均250ドル/年(つまり1日あたり1ドル以下)と言われています。それは、マーケットへのアクセスが難しかったり、コーヒーに関する情報不足により、相応の価格交渉が取れていないことが一因となっています。
 
そこで、Vava Specialty Coffeeでは、公正な価格で取引を行うロースターや輸入業者、個人の消費者との間で、直接フェアな取引を行うビジネスモデルを構築しています。こうして、生産者をトレーサビリティや倫理的な観点を配慮する人々(マーケット)と結びつけることで、生産者たちに持続可能な生活を提供しています。
 
2009年以来、約30,000人の小規模農家と協働し、市場価格の50%以上高い水準での取引を行い、生産者の収入は約16倍にもなりました。今後の目標は2018年までに130,000人の生産者に対して良い影響をもたらすということです。
 
そんな彼女達は、2016年秋、KIVAを通じてファイナンスを調達し、生産者に対してタイムリーな支払が可能となりました。また、Vava自身にとってもインポーターからの支払いまでのタイムラグの間のキャッシュフローを維持することが可能となりました。新しいスペシャルティコーヒー市場の開拓にも積極的に取組んでいくようです。
 
まだ日本では購入が難しいかも知れませんが、機会があれば是非飲んでみたいですね。今後もVava Specialty Coffeeに注目していきたいですね。
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive