September 10, 2019

昨年夏から欧米ではコーヒーの取引価格や価格の透明性についての議論が広く行われています。

倫理的な消費行動や価値観が根付いている欧米の事業活動は、小さいながらもサステイナブルなエコシステムを少しでも作っていくという一般消費者とのシナジーを生み出しているのではないでしょうか。

本日は、以前もご紹介したSCA理事長Ericさんの引退前最後のプレゼンテーションをご紹介します。

今回のテーマはCoffe Price Crisisです。

コーヒー豆のマーケットプライスは2016年年始を底に秋口にかけて上昇基調であったものの、2016年11月からは再び緩...

January 1, 2019

前回まではコーヒー業界でのトレンドや今後の動向について話をご紹介しましたが、今後の生産量の維持や品質管理について具体的にどのような取組みがあるのか、今回はもう少し生産現場にフォーカスを当ててご紹介したいと思います。

ブラジルのコーヒー博士 フラビオ・ボレム氏がコーヒーのプロセシングとコーヒーの品質と安定性についてとても分かりやすく解説されています。

さっそくですが、伝統的な水洗式の場合、1袋(69kg)あたり3,240ℓの水が必要です。例えばコロンビアの生産者全体で360億㎥の水を使うことになり、これらは想像を絶する多さかと思います。

た...

November 14, 2018

前回は、SCA(Specialty Coffee Association / スペシャルティコーヒー協会)のエグゼクティブディレクター/常務理事 Ric Rhinehartのセッションで、現在のコーヒーの生産状況における問題点や、生産者の経済状況、そして消費国としての認識という現状を踏まえたうえで、今後のスペシャルティコーヒーの方向性、現在の問題を解決するための指針をご紹介しました。

今回は、World Coffee ResearchのCommunications Director(広報部長)であるHanna Neuschwander...

October 12, 2018

コーヒーの世界では、Re:co Symposiumというシンポジウムが開かれています。

この中では、スペシャルティコーヒーの進む方向性や焙煎技術、フレーバーに関する科学的分析、経済分析など、幅広く議論、研究発表がなされていて、とても勉強になります。

今後、ブログの中で、Re:co Symposium ##として、業界動向、コーヒーの生産環境での研究、経済学的知見から見たコーヒー産業など、順を追ってご紹介していきたいと思います。

第一回の今回は、SCA(Specialty Coffee Association / スペシャルティコーヒー協会...

April 20, 2018

すっかり久し振りになってしまいましたが、今回のブログでは、

過去2年間で取り組んだKIVAの案件についてお話ししたいと思います。

さて、2016年8月に初めて取組んだウガンダのSulaimanさんのあと、5件の実行がありました。KIVAに挙がっているプロジェクトを見ながら、方向性の合う方や将来性を感じられる方など、フィルターを通していくとなかなか件数は上がりませんが、今のところ各案件、期日通りの返済が進んでいます。

個別の案件について少し触れていきたいと思います。

一番初めに取り組んだ方は、ウガンダでコーヒー事業を始めようとされていたSul...

June 22, 2017

"Every Coffee starts with one Bean

 Every Passion starts with one drip of Curiosity

 Every Story Starts with one Dream."

                ~Vava Angwenyi~

2009年、社会起業家Vava Angwenyiが立ち上げたVava Specialty Coffee(https://www.vavacoffeeinc.com/)、世界でも有数の高品質コーヒーの生産国であるケニアで今なお市場から取り残さ...

March 11, 2017

世の中には、コーヒーを通した途上国の発展に取組んでいる人々がいます。今後、『Social development through COFFEE』として、そういった活動を皆様にご紹介していきたいと思います。

さて、早速ですが、第1回目は店舗でも販売していたコンゴ民主共和国Minovaを届けてくれているLetSequoiaです。

今までにもいろいろなところで話には触れていますが、LetSequoiaとは、社会起業家の韓国人女性が始めたコーヒー事業会社です。彼女とは直接会ったこともありますが、周りの人を引き付ける求心力やバイタリティー、そして...

February 2, 2017

皆さん、コーヒーフラワー(コーヒー小麦粉)をご存知ですか?

コーヒーフラワーは、コーヒーの果肉部分が、小麦粉と同様に使用できる状態に加工された、『環境にも、生産者にも、消費者にも』優しい原料なのです。

(CoffeeFlour® http://www.coffeeflour.com/#global-impact )

コーヒー豆は、コーヒーの木になる果実から、果肉を取り除いた種子の部分がそれです。

通常、取り除かれた果肉の多くは、破棄されていますが(ざっと、80億ポンド≒36.2億キロが年間で破棄されるという話もあります。)、そこに価値を見出...

January 16, 2017

2017年最初の活動は、台北への研修旅行。目的としては、農園視察と企業との面談が主なものですが、

今回は農園視察のレポートをしてみたいと思います。

台北市内の中心部から南東部分にMRT(メトロ)で約15分、駅から徒歩10分ほどの小高い山に

今回の訪問先『福勝咖啡園』があります。

有機果樹園を営んでいた高(コウ)さんが、10年ほど前から試験的にコーヒーの木を栽培しています。

今では園内に400本あまりのコーヒーの木があり、本来の収穫期よりも少し遅かった訪問時でも、

完熟した実が残っており、少し収穫体験ができました。

コーヒー農園を訪問するのは今回で...

August 14, 2016

以前ご紹介したKIVAというオンラインマイクロファイナンスサイトで最初のローンを実行しました。

今回は、ウガンダで新たにコーヒーの生産を始めようとしているSulaimanさんへのローンに取組むことにしました。

Sulaimanさんは、ウガンダの首都カンパラの西部ムピジ地区で奥さんと子供4人の6人家族で暮らしています。4人の子供のうち、2人は学校に行っています。そして、将来あと2人の子供が学校に行くためにも、新たなビジネスとして有機肥料を使用したコーヒー栽培に取り組もうとしています。従来の農作物に加え、コーヒーからの収入により、子供たちに...

Please reload

Featured Posts
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts